私たち夫婦はいくらまでなら無理なく返せるか?

このページでは、 「住宅ローンの返済可能額を計算」してみましょう。

9095586住宅ローンを借りる時には、 『私たち夫婦はいくらまでなら無理なく返せるか』を基本におくことが大切です。

一般に年収に占める住宅ローンの年間返済額は、25%以内におさめるとよいといわれています

仮に税込み年収が400万円の場合は、年間返済額は100万円以内が妥当ということです。

年収が300万円なら75万円以内、年収200万円なら50万円以内です。

しかし、これはあくまでも目安。

自分たちに合った無理のない返済額を算出する際には、住宅を取得することで「不要になる支出」「新たに発生する支出」を整理することからスタートさせて下さい。

たとえば、いま賃貸住宅に住んでいる場合、住宅を取得することで月々払っている賃料が不要になります。

また、頭金づくりのために定期的に行っていた預貯金も不要となります。

駐車場を借りている方が、マイホームの取得に伴って自前の駐車場を確保できることになれば、その分を住宅ローンの返済にまわすことができるでしょう。

逆に住宅を取得することで、忘れてはならないのが固定資産税です。

また、賃貸と違って維持修繕費もかかります。

これらの収支をチェックして、返済可能額を計算して下さい。

支払いのシミュレーションは下記のサイトが便利です。

ネットdeプランニング『ZERO-CUBE』

自分たちの返済可能額が月々5万円という人は、年利3.0%、35年返済という条件で借り入れた場合は、1,299万円が借入限度額となります。

これに頭金をプラスした金額が、あなたが「買える家の値段」となります。

自分たち夫婦がいくらまで借りられるかを、予め知っておくのが良いでしょう。

今から早速、さきほどのシュミレーションサイトで検討してください。

私たちは、リスクのない住宅ローンの組み方などをアドバイスしています。

人生の「住まいとお金」について、お気軽にご相談下さい。

(※上記以外にさまざまな必殺技をご用意しています)

あなたの人生のご成功をお祈りしています。

 

 ~あなたの昼が”陽の光”に満ち~

~あなたの夜が”愛”に満ちたものでありますように~

??????????????????