シックハウスってなに?

2003年国土交通省は、 「建築基準法に基づくシックハウス対策に係る法令」を施行しました。

住宅建材などに使用された化学物質が原因で、吐き気やめまいなどの症状を引き起こす「シックハウス症候群」 。

これからマイホームを取得したい人について、豆知識として知っておいて損のない情報です。

                       sic

主な改正ポイントは、

  1. シックハウス症候群の原因とされる有害物質の使用の制限・禁止
  2. 換気設備の設置義務

の2点です。

規制される有害物質は、クロルピリホスとホルムアルデヒドの2物質で、前者はシロアリ駆除剤、後者は木質系の合板などに使われるケースが多くありました。

両物質はJIS(日本工業規格)などで発生量を明示した等級別に建材の使用面積を定めるほか、等級区分に該当しない建材の使用は禁止されます。

このほかに有害物質として、接着剤や塗料に含まれるトルエンやキシレンなどの揮発性有機化合物(VOC)もありますが、今回の規制対象からは外されています。

換気設備の設置義務では、汚れた空気の「排気」と新鮮な空気の「給気」ができるようになっていることが必要です。

改正以降に供給されている住宅には、 「24時間換気システム」などが標準装備されています。

以上のように法律でシックハウス対策が規制されるようになり、ひとまず安心といえますが、これはあくまでも最低基準

住まい選びに際しては、自分たちの目でしっかり確認するようにして下さい。

家作り無料相談室

 

あなたの家作りのご成功をお祈りいたします。

 

 ~あなたの昼が”陽の光”に満ち~

~あなたの夜が”愛”に満ちたものでありますように~

??????????????????