住宅ローン利用者で、「変動金利」を選ぶ人が急増!

住宅金融支援機構の調査では、住宅ローン利用者の「変動金利」を選択する割合が急増しています!

その全体に占める割合も50%を突破し、都市銀行などでは80%以上にも上っています。

ナゼ、ここにきて「変動金利を選択する人」が増えているのでしょうか?

その理由は、「変動金利のローン」の低い金利が魅力的に映るからでしょう。

現在、「変動型のローン」と「固定型のローン」のそれぞれの金利を見比べてみると、「変動型のローン」の方がかなり低いため、急増していると推測できます。

実際、「変動型のローン」金利の場合は1.5%程度です。

一方、当初10年間の「固定金利のローン」金利は3.2%程度です。

だから、1.5%の変動金利を選ぶ人が半数以上になっているのでしょう。

また、2009年9月ののリーマンショック以降、今年に入って物価下落のデフレ経済下、日本銀行の低金利政策に変更はなさそうだという判断も、「変動金利」を選択させる要因になっていると思います。

「変動金利のローン」は、日本銀行の政策金利に影響を受けて適用金利を原則として半年ごとに見直す商品です。

一方の「固定金利のローン」は、当初から一定期間、もしくは全期間の金利が最初から決まっている商品です。

「住宅ローン」は長期間借りている商品ですので、「金利の動向」によっては不確実なところもあるのを忘れてはいけません。

確かに、1995年頃から以降においては、変動型ローンの金利は安定して推移してきました。

しかし、バブルの終わりの1990年には最高8%という想像を絶する高金利の時代があったことを決して忘れてはいけません。

米国のサブプライムローン問題では、当初、低かった金利が5年目から16%などという途方もない金利になり、低所得者層を中心にローン破綻者が急増しました。

日本で元利均等方式の変動金利住宅ローンの場合は、適用金利が上がったとしても当初の5年間は返済額は据え置かれますし、次の5年も最大1.25倍までしか返済額は増えません。

しかし、それでも雇用不安が叫ばれている現在の日本社会では、住宅ローン破綻者が増加しないとも限りません。

そこで、いったん金利の低い変動型で借入を起こしておき、金利が上がりそうになれば固定型に切り替えて負担の急増をなくそうという考え方が出てきます。

しかし、なかなかこの方法も難しいのが現実です。

「住宅ローン」を選択する場合、目先の支払いの安さだけで変動金利型で返済額を膨らませていると、金利上昇時の返済額急増というショックは甚大なるものになるでしょう。

 

やはり、マイホームを購入する場合、頭金をしっかりと貯めて元金を少なくするのがベストな戦略です。

 

 

 ~あなたの昼が”陽の光”に満ち~

~あなたの夜が”愛”に満ちたものでありますように~

??????????????????