どこに住む・・・?

学校・職場に近い場所、買い物に便利な場所、静かな場所、賑やかな場所、平地、高台…

人によって住みたい場所はさまざまです。

「答え」ではありませんが、場所を選ぶ基準の一例を紹介します。

■評判が固まっているエリア

「学生の街」、「文教の街」、「自然が多い街」…
「○○町といえば、△△の街」と多くの人がイメージできる場所は生活もイメージしやすいですし、将来的にもそう大きく変貌することはないだろうと予測できます。

■地元の商店街がにぎわっているエリア

物件周辺に商店街があるエリアが望ましいのは、多くの人がその場所を快適だと感じるからです。
商店街がにぎわっているのは、地元住民に愛され、支持されているからです。地域をあげて商店街を活性化しようとしている場所は住民意識が高いと言えます。

■幅広い年齢層が住んでいるエリア

そういうエリアには、保育園も学校も病院もあり、飲食や買い物もできたり、職場付近へのアクセスが便利であったり、行政サービスも適切で、多くの人にとって便利で住み心地がいいと言えます。

■建築に関する規制・条例・協定が多いエリア

一見、窮屈で不便そうだと感じますが、実は住環境を守ろうという地元自治体・住民の意識が高い場所であることを意味します。「高さ○m以上の建物は建てられない」といった建築協定がある住宅地では、裏を返せば景観や日当たりといった住環境を維持できるということになります。

■とにかく見てみる

人によってさまざまな答えがある「場所」。最終的には、地図や写真ではわからないことを見て感じるには、その場所に行ってみる
のが一番です。言葉では言い表せないけど「なんとなく雰囲気が気に入った」ということも少なからずあるでしょう。

 ~あなたの昼が”陽の光”に満ち、

あなたの夜が”愛”に満ちたものでありますように~

??????????????????