平成25年3月31日で四国電力「オール電化時間帯電灯契約[e割]」終了!

91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s

従量電灯契約者のうち、「オール電化住宅」に住んでいる方の電気料金割引サービス[e割(毎月10%割引)]平成27年3月31日の受付で終了します。

▼四国電力 [季節別時間帯別電灯(電化Deナイト)]
http://www.yonden.co.jp/ryoukin/menu/code_02.htm

[e割]の割引対象額は、基本料金と電力量料金(燃料費調整前)から通電制御型夜間蓄熱式機器割引額(マイコン割引額)、5時間通電機器割引額を差し引いた料金となり、1ヵ月の割引上限額は3,240円です。

この[e割]が平成27年3月31日をもって、新規加入を停止されてしまいます。

※「ただし、平成27年3月31日までにご加入されている方は、平成27年4月以降も引き続き[e割]が適用されます。

月額割引料金は3,240円ですが、年間で38,880円、10年で388,800円、20年で777,600円もの金額差になります。

ただし、“平成27年3月31日で新規加入が停止”とは、この日までに建物が完成しなければならないという意味ではなく、四国電力と「供給承諾(受給契約成立)」することが条件です。

「供給承諾(受給契約成立)」とは、電気工事業者などを通じて四国電力に供給申込書を提出し、申込み内容に応じた供給設備の設計が完了し、電気を供給できることが可能であると承諾されることです。

逆に言うと、「供給承諾(受給契約成立)」が完了していれば、家屋の工事完了やお引渡し、入居、電気の使用開始などは平成27年4月1日以降でも良いということです。

「供給承諾(受給契約成立)」に必要な期間は、四国電力の電気工事が必要かどうかによって異なります。

(A) 外線工事不要(四国電力側の工事が不要)

申込み受付から2営業日以内で受給契約が成立

(B) 外線工事要(四国電力側の工事が必要)

側の電気工事の「供給検討・設計完了後」に受給契約が成立となり、おおむね一か月程度の期間が必要(ただし、電柱を建柱する場合は電柱敷地承諾が必要になり、さらに日数が必要です)。

おそらく平成27年3月31日は申し込みが殺到するでしょう。

電灯の申し込みは「工事着手前」でも申し込み可能です。「建物図面」や「配線図」、「不可設備」、「引込柱」、「引き込み線取付位置」が決まれば申込できます。

現在新築中の方をはじめ、これから新築される方は弊社までご相談ください。

私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV事務局
電話 → 088-674-1470(※土日でも転送されます)