プロに聞いた、今年度の住宅買い時感!?

deece860d8b0a5f3b24c9ff819e6f668_s住宅ローンの金利が史上最低から反転して、3月4月と、2ヶ月連続で上昇しています。ただ、「上昇した」といってもなお、史上最低更新直前の平成26年12月の金利よりは低い水準になっています。とはいっても、これから住宅を購入するため、住宅ローンを組もうと思っている方にとっては、2ヶ月連続の金利上昇は不安だと思います。
そこで今回は、住宅金融支援機構が公表した「平成27年度における住宅市場動向について」内の、ファイナンシャルプランナーを対象に行った調査結果の項目をご紹介します。

お金のプロであるファイナンシャルプランナーは、今の状況をどのように思っているのかというと、「平成27年度は住宅の買い時だと思う」と回答している方が、実に80.7%(※)に昇りました。
※「買い時」36.5%、「どちらかと言えば買い時」44.2%の合算数。

買い時とする要因は、
・住宅ローン金利の低水準…90.2%
・経済対策によるフラット35Sの金利引き下げの効果…85.4%
・省エネ住宅ポイントなど経済対策(フラット35Sを除く)の効果…29.3%
となっています。

また、特にプロが効果を期待しているのが、「フラット35S」の金利引き下げ効果です。今月の場合、フラット35の最低金利1.54%から、当初5年間(長期優良住宅等は10年間)0.6%引き下げられるので、0.94%が適用されることになります。また、返済中全期間の金利が固定されるフラット35なら、金利上昇リスクとも無縁なため、低い金利で借り入れられることはとても大きなメリットといえます。

住宅ローンの金利が上昇し始めたからといって、今回ご紹介したフラット35Sの金利引き下げ以外にも今は経済対策として様々な住宅購入者向けの優遇があるので焦る必要はありません。ただ、金利が低水準なうちに行動を起こすに越したことはないので、今後の金利動向も考慮して、自分に適したローンをしっかり選んでください。

ではまた・・・。