住宅ローン借り入れ時の注意!

photo8

住宅を購入する際、9割以上の方が利用する住宅ローン。

今は金利が低水準なこともあり、“住宅ローンの借り時”と思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、金利が低水準の今だからこそ、住宅ローンを借り入れる際に気を付けて頂きたいことがあります。それは、住宅ローンの“借りすぎ”です。

「そんなことは言われなくても分かっているよ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、借りすぎかどうかを判断するのは、実はそんなに簡単なことではないのです。

無理のない返済額を計算する際、「今住んでいる賃貸の家賃は8万円なので、毎月返済額は8万円まで大丈夫」というように、現在の住居費を基準に考える方が多いでしょう。しかし、この考え方では将来の家計の変化が全く考慮されていないため、とても危険です。

住宅ローンは返済がスタートしてから長期にわたって付き合っていかなくてはいけないので、家族構成や経年ごとに生活スタイルが変化していくことが考えられます。そこで今回は、住宅ローンの支払いと別に、そのようなお金が掛かるのかを考えてみましょう。

 

①家賃支払いと別にかかる費用

まず、家賃支払いとは別にかかる費用を考えてみましょう。

住宅を購入すると、固定資産税・都市計画税等を支払わなくてはいけなくなります。また、団体信用生命保険料火災保険料も必要です。

②将来的にかかる費用

次に、将来の支出を考えてみましょう。

生活費では賄いきれない支出…例えば、子どもの大学の費用、家の修繕費用、車の買い替え、旅行、介護、老後資金など、様々なものの支払いを準備する必要があります。これらを、現在ある預貯金で対応できればよいのですが、多くの場合、住宅ローンを毎月支払いながら一部を積み立てて備えていかなくてはいけないでしょう。

この中で、将来必然的に必要になる大きな支出項目は次のようなものです。

(1) 住宅の修繕費用 
(2) 大学の費用(お子さんがいる場合)
(3) 老後資金

が挙げられます。それぞれどれ位の資金が必要かというと…

(1) 住宅の修繕費用

戸建て住宅でもマンションでも、修繕費用が必要となります。いくらくらいの修繕費用が必要になるかは建物や設備により異なるため一概にはいえませんが、200万~400万円くらいの費用が必要です。30年間であれば、月5000~1万5000円くらい積み立てをしなければなりません。

(2) 大学の費用(お子さんがいる場合)

私立・国公立、文系・理系などの違いがありますが、500万~1000万円くらいの費用がかかります(医科歯科系を除く)。18年間で準備すると考えると、月2万3000~5万円の積み立てが必要となるでしょう。

(3) 老後資金

退職金や年金受取額、生活水準によって準備すべき金額は変わってきますが、1500万~5000万円くらいの純資産が必要と考えられます。積立期間が30年間なら大きな幅はありますが、月4万1000~13万8000円の積み立てを検討すべきです。
上記の支出を準備する手段は、預貯金の積み立てだけでなく、親からの資金援助、ローン、奨学金の利用など様々な方法が考えられますが、住宅ローンの支払いとは別にこれら支出に向けて備えなくてはいけないということです。

『“借りられる金額”と“借りていい金額”は違う』ということをしっかりと認識して、今後のライフプランに合う住宅ローンや借入額、借入期間を検討してください。

それでは、また。

 

私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV ウェブセミナーご好評配信中!

★私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト-Vol,01 『2015年は国がマイホーム取得を応援する年!』

政府は消費税を増税するために、新築マイホームを手に入れたい人をなりふりかまわず援助します。仮に 3000万円の住宅ローンを使う場合、住宅ローン減税で180万円、すまい給付金で30万円、省エネ住宅エコポイントで30万円、あわせて240万円も特典が受けられます。まさに、国が新築マイホーム購入を応援してくれる年。夢のマイホームを手に入れたいあなた、このビックチャンスを逃さないようにしましょう。

★私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト-Vol,02 『税金を使って、住宅ローン金利補てんが始まった!』

国民の税金を使って、いち個人である あなたの 住宅ローンの金利を助けてくれる。しかも、あなたが支払う金利を 住宅ローン減税という制度で 最初の10年間は実質上は金利なし。さらに、頭金がなくてもマイホームを手に入れられる。さらに、さらに、「すまい給付金」や「省エネ住宅エコポイント」で最高60万円。仮に 3000万円借りた場合、フラット35Sを利用した場合で174万円、住宅ローン減税で190万円、すまい給付金とエコポイントで60万円。合計424万円ものお得です。ただし、フラット35Sには期限と枠があります。

★私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト-Vol,03 『「贈与はメリット拡大」の落とし穴!』

2015年4月に 相続税が大増税されました。その一方で、消費税増税に合わせて 贈与税の非課税枠が拡大されます。その金額は 最高3000万円、暦年非課税枠も合わせて3110万円まで まったくの無税で 子育て世代へ移転できます。資産家の親御さんをお持ちのかたは、今すぐおねだりしてください。また、今後、毎月かかる電気代が高騰するかもしれないニッポン。これからは 電気を購入するよりも 自分のイエの太陽光発電で発電した電気を 貯めて使う方が安い時代が訪れます。ゼロエネルギーハウスの普及をにらんで 政府は各種 補助金を出して誘導し始めました。