「住宅ローンの勧誘」の内情!

10632862_814572655302330_6218771555171612041_n「マイホーム」や「住宅ローン」、「生命保険」は、人生において大きな買い物です。まさに人生を左右するといても決して過言ではありません。
特に「住宅ローン」は、その選び方次第で総返済額が大きく変わってしまう商品です。

●「住宅ローン」=「商品」・・・?

一般の人は、きっとそう思われることでしょう。

「住宅ローン」の「商品」、それはお金ですが正確に言うと「期限の利益」です。

もし仮に、3000万円のマイホームを購入する場合、あなたが現金で買おうとすれば貯まった時には70歳になっているかもしれません。そうなれば新築マイホームで快適な生活を楽しめる時間はたった10年か15年しかありません(平均余命まで)。

しかし、「住宅ローン」を使えば35歳でマイホームを購入したとして45年~50年間、そこでの快適な生活を堪能することが出来ます。

楽しみや快適さを先取りする、それが「期限の利益」です。その対価が「住宅ローンの金利」です。

●住宅ローンの勧誘の内情!

以前、ある銀行員に銀行内部の内情について、衝撃的な話を聞きました。

銀行内部での「住宅ローンの勧誘」は、お客様本位でなく銀行本位で進めるように指導されているというのです(;^_^A ・・・。

相談に来られたお客様のほとんどは金利体系など理解していないので、固定金利選択や変動金利、全期間固定金利など、それぞれのメリットやデメリットはまったく知りません。
そのような場合、私はあなたの収入やライフプランなどをお聞きし、最適な金利タイプを考えておススメしていますが、金融機関の職員は、あなたの返済可能額ギリギリになるように提案するというのです。その場合、固定金利選択や変動金利選択などの「金利上昇リスク」などは考えないそうです。

そう、金融機関の住宅ローン担当者は、住宅ローンの必要な知識を持っているようで、たいへん偏った知識でお客様に接しているのです。

言い方を変えれば、営業トークはスマートでも、決して”あなたがよろこぶ真の提案”はできません。

金融機関の職員もサラリーマンですから仕方ないのでしょうが、お客さんの人生を第一に考えている人も少ないと思って接する方がよいようです。

あなたは住宅ローン説明書をお読みになられたことがあると思います。

あの裏面などに書いてある虫眼鏡で見なければ読めないような小さな字と専門用語が多い説明文、あれは思考回路を停止させるために仕掛けられています。「もうヤダ、わかんないからこの人のいうとおりにしよう」を狙っていると思った方がよさそうです。

全部の金融機関がそうではないでしょうが、私から見れば「エッ!」と驚くような住宅ローンを選択されている人も多く、そのリスクについてはまったく説明がなかったというお客さんも多いです。

特に強く感じるのは、住宅ローン控除やフラット35等に関する知識がない住宅ローン担当者の多いことです。

自らの利益への誘導を最優先に考える・・・?

「マイホーム」や「住宅ローン」、「生命保険」は、人生において大きな買い物です。まさに人生を左右するといても決して過言ではありません。
特に「住宅ローン」は、その選び方次第で総返済額が大きく変わってしまう商品です。
住宅ローンを選ぶ際には、自分でしっかりと考えて決定するか、私にご相談ください。あなたのライフプランを第一に、おとくな住宅ローンをご提案いたします。

 

【PR】

fun

徳島市内にZERO-CUBEのモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

kengaku

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ