フラット35、7月金利は2ヶ月連続で上昇!

住宅金融支援機構(東京都文京区)が民間金融機関と提供するフラット35の2015年7月の適用金利が発表されました。

◆融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の主力タイプの金利幅は、1.61%(前月より0.07ポイント上昇!)~2.32%となり、2ヵ月連続での上昇 となりました。

これは、住宅ローン金利の指標となる長期金利が、低水準ながら総じて上昇したことに影響され、連動する形で上昇傾向に傾いたようです。

◆融資率9割以下で返済期間が20年以下の金利幅は以下の通りです。

1.38%(前月より0.07ポイント上昇!)~2.09%

20150704_01
◆融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下のタイプの金利幅は…

1.74%(前月より0.07ポイント上昇!)~2.45%

20150704_02
◆融資率9割超で返済期間が20年以下のタイプの金利幅は…

1.51%(前月より0.07ポイント上昇!)~2.22%

 

以上のようになっています。

引き上げ幅の数字だけを見ると微弱に感じるかもしれませんが、2015年5月の金利と比べれば、たった2ヶ月で0.15ポイントの上昇です。

今後も、徐々に金利が上昇していく…なんてことも十分に有り得ます。
これから住宅ローンを借りる方や、借り換えをご検討中の方は、くれぐれもご注意ください。
また、フラット35は借入時から完済時まで全期間固定型の住宅ローン商品なので、今借り入れた方は35年後の完済時までずっと低金利の恩恵を受けられる…というメリットがあります。
借入時の金利がいくら低くても、何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活…そうなってしまっては元も子もありません。
目先の数字にとらわれず、しっかりとそれぞれの住宅ローン商品のメリット/デメリットを理解し、家族のライフプランに合った住宅ローンを選択しましょう!!

 

ご質問などがございましたら、木内淑規 携帯電話 ⇒ 090-3185-2796 までお気軽にお問い合わせください。

それでは、また。