「在来工法」と「ツーバイフォー工法」のちがい!

知っておきたい家づくりの基本

家づくりを考える上で、家を建てるみなさんが建築の専門家になる必要はありません。

でも、基本的な知識を持っておくと、「どんな家がほしいか」という想いを具体的にしていく際、きっと役に立つ場面が訪れます。と、言うわけで、今回は住宅建築の主流となっている「在来工法」と「ツーバイフォー工法」の2つについて、それぞれの利点や特徴をご紹介していきたいと思います。

●「在来工法」の基礎知識

「在来工法」とは、「在来軸組工法」とも呼ばれる建築手法です。その名の通り、日本で古くから用いられてきたものです。

基本的に、木材で土台をつくり、その上に柱を立て、さらに梁をつくり、筋違いによって補強し、壁を組み、家を構築していきます。 「在来」と聞くと、「古い工法なのかな?」と思う方もいるでしょうが、長い歴史の中で改善を繰り返し、今なお使われている信頼性の高さが魅力です。また、「軸組」という名前からもわかるように、「軸」によって支える構造を採用しているため、壁の配置や間取りに対して柔軟に対応できるのも大きな特徴です。

●「ツーバイフォー工法」の基礎知識

「ツーバイフォー工法」は、元々は北米生まれの建築工法で、「枠組壁工法」とも呼ばれます。

2インチ×4インチの断面の角材が多用されることから、「2×4=ツーバイフォー」の名前がつきました。建物を柱や梁などの「軸」で支える「在来工法」に対して、床や壁、天井などの「面」で支えるのが「ツーバイフォー工法」の特徴。柱を排した広々とした空間をつくり出すことが可能です。また、「在来工法」に比べ、大工さんの技量によって品質が左右されることが少なく、工期も短縮できるため、品質に優れたコストパフォーマンスの良い、リーズナブルな家づくりを実現できるのも魅力です。

●正味の見解は・・・?

と、どこにでもあるような解説をしましたが、正味の見解は次のとおりです。

  1. 「ツーバイフォー工法」の材料は、完璧なほどの乾燥木材を使用するので、強度に優れるとともに数年後の建物の狂いが少ない(在来工法の木材をすべて乾燥材(KD材)にすると木材だけでかなりの価格アップ)
  2. 阪神・淡路大震災後の検証で、倒壊などの全壊や一部破損が少なかったのは「ベタ基礎」プラス「ツーバイフォー工法」だった
  3. 「ツーバイフォー工法」は「省令準耐火構造物」に該当し、火災保険料が「在来工法」の1/2

しかし、「ツーバイフォー工法」もよいところばかりではありません。

建築後にコンセントなどを追加しようと思えば「在来工法などと比べて大事になります。ですから、新築計画時には多めにコンセントや照明器具の取付口などを設置するのがよいでしょう。

では、また。

 

徳島市内にモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> 南昭和モデルハウスご見学のご予約はコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ

> 徳島県で土地を地図から探したい方はコチラ