ツーバイフォー工法?

家づくりを考える上で、家を建てるみなさんが建築の専門家になる必要はありません。でも、基本的な知識を持っておくと、「どんな家がほしいか」という想いを具体的にしていく際、きっと役に立つ場面が訪れます。

と、言うわけで、今回は住宅建築の主流となっている「在来工法」と「ツーバイフォー工法」の2つについて、それぞれの利点や特徴をご紹介していきたいと思います。

「在来工法」の基礎知識

「在来工法」とは、「在来軸組工法」とも呼ばれる建築手法です。その名の通り、日本で古くから用いられてきたものです。

基本的に、木材で土台をつくり、その上に柱を立て、さらに梁をつくり、筋違いによって補強し、壁を組み、家を構築していきます。 「在来」と聞くと、「古い工法なのかな?」と思う方もいるでしょうが、長い歴史の中で改善を繰り返し、今なお使われている信頼性の高さが魅力です。また、「軸組」という名前からもわかるように、「軸」によって支える構造を採用しているため、壁の配置や間取りに対して柔軟に対応できるのも大きな特徴です。

「ツーバイフォー工法」の基礎知識

「ツーバイフォー工法」は、元々は北米生まれの建築工法で、「枠組壁工法」とも呼ばれます。2インチ×4インチの断面の角材が多用されることから、「2×4=ツーバイフォー」の名前がつきました。

建物を柱や梁などの「軸」で支える「在来工法」に対して、床や壁、天井などの「面」で支えるのが「ツーバイフォー工法」の特徴。柱を排した広々とした空間をつくり出すことが可能です。また、「在来工法」に比べて施工が簡易で工期も短縮できるため、リーズナブルな家づくりを実現できるのも魅力です。

201254878

ツーバイフォー工法は規格が統一されていることによって材料の供給が安定し、シンプルな構造システム品質の高さを維持できることが評判の原因になっています。ツーバイフォー工法は、木造軸組工法より施行が簡単な上に工期が短いのが大きな特徴です。また、在来工法が線で家を組み立てるイメージなのに対して、ツーバイフォー工法は面で家を組み立てていくイメージなので、一般的には在来工法よりも耐震性に優れています

次にツーバイフォー工法のメリットとデメリットをまとめてみました。

【ツーバイフォー工法のメリット】

  1. 枠組壁工法なので耐震性が高い
  2. 工法がマニュアル化されていて、パネルを立て込む方式なので工事期間が短い
  3. 気密性が極めて高い(冷暖房が良く効く)
  4. 部材相互の密接度が高く、防火性と断熱性が高い
  5. 内部の空調管理が容易で省エネに優れる
  6. 高度にシステム化・マニュアル化されている技術なので、現場の大工さんに高度な技術が不要で品質が均一
  7. 火災保険料が在来工法の半分で済む

【ツーバイフォー工法のデメリット】

  1. 耐震性が壁によって確保されているため、将来的な壁の撤去や貫通などはできず間取りの変更が困難
  2. 木を露出したデザインを施したくてもパネルで面が構成されているので困難
  3. 従来工法に比べて施行できる建設会社の数が少ない。特に小規模の工務店では対応できない事が多い

ツーバイフォー工法は従来工法の木造枠組工法とは異なり、現場の大工さんの腕によって家の出来上がりの善し悪しが左右されにくいのが大きな特徴です。

では、また。

【PR】

徳島市内にZERO-CUBEのモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

kengaku

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ

> 徳島県で土地を地図から探したい方はコチラ