頭金がなくても家は買える時代!

●頭金を貯めるために、毎月家賃を支払っている状態は損!

b080c9dd36969e7c3ba63e619ef9f434_s頭金を貯めるために、毎月家賃を支払っている状態は損です。「頭金0円で家を買ってはいけない」と言われますが、それは金利が4%や5%の高い時代の話です。現在は、”超”がつくほどの”低金利時代”

たとえば、月額家賃6万円の家賃を毎月支払いながら頭金を貯めるとします。そして、10年頑張って200万円~300万円貯まった場合、その間に家賃として支払わなければならないお金は720万円。頭金を貯めるために、住宅ローン並みのお金を払い続けたとしても、その貯金を頭金にしてしまえば貯金は底をつきます

仮に、”夢のマイホーム”が手に入ったとしても、”貯金が0円”では実際の生活に不安が付きまとうのではないでしょうか・・・?返済利率の低い今は、上手に住宅ローンを金利1%を組んだとしても、年間3万円ほどしか得にはなりません。つまり、毎月2,500円得になりますが、頭金300万円を支払うことで住宅ローンの返済が毎月2,500円楽になったというだけの話です

「頭金なしで毎月の返済が5万2500円。貯金は300万円」「頭金300万円で毎月の返済が5万円。貯金は0円」どちらが”ストレスのない人生”を送れるかを考えてから、頭金を入れるかどうかを判断するべきでしょう。しかも、今の税制では、金利1%は「住宅ローン減税」で返ってきますが、頭金を入れた場合は控除の対象にはなりませんので、1円も返ってきません。いわば”払い損”です。

逆に、金利が4%と高くなれば、貯金300万円に年間12万円もの利息が付きますので、頭金を入れた方が得になります。

こうした税金の控除は、支払っている税金額や市町村によって変わってくるため、控除の仕組みに精通した”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV”のスタッフにご相談ください。徹底的にヒアリングした上で、あなたの経済的な背景を考慮して、的確なアドバイスをさせていただきます。

以上のように、お父さんやお母さんからの”住宅を購入するのであれば頭金が必要”という固定観念は、金利が高い時代の考え方なのです。

●”一生に一度の買い物”という言葉に注意!

634fb35879c0f29e05a11af528dcd83b_s毎日、毎日、努力や節約ばかりの生活は楽しいでしょうか?
確かに住宅は”高い買い物”です。
”一生に一度の買い物”とはよく使われる言葉ですが、これを悪用し、たとえばご主人さんに「毎月3万円のおこずかいを5千円減らして、がんばって返済しましょう」という住宅メーカーもあります。また、奥様には「食費を毎日100円減らして、水道光熱費を50円節約すれば、この家が手に入ります」とあおりたてます。
しかし、節約が趣味の方はともかく、節約を強制され、それを毎日負担に感じながら暮らし続けなければならないとしたら、本当にそのような日々は幸せなのでしょうか?」だから、”私たちにちょうどいい家Rプロジェクト”では、ライフプラン設計における教育資金の設定でも、東京の理系私立大に下宿して通うと言う高額な想定で行います。
その結果、住宅購入が難しいということになれば、まだ家を購入する時期ではないということです。
一番の目的は、あくまでも”ご家族の幸せ”であるということを忘れないでください。「ほんのちょっとの努力や節約でいいんだ」などと思わないでください。
おカネの事が明確になれば、土地探しから家創り、家具や家電選びまでがスピードアップします。その理由は、あなたが、あなたの人生において、そこにいくらかけることが出来るかが明らかになっているからです。

では、また・・・。

 

【PR】

徳島市内にZERO-CUBEのモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

kengaku

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ

> 徳島県で土地を地図から探したい方はコチラ