火災保険・地震保険を節約する方法!

Á–hŽå•wこんにちは!いつもご愛読ありがとうございます。

あなたは「1円でも安く家を建てたい!」と思っていませんか?

今回の内容は、私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTVでマイホームを建てると、“家づくりの費用を抑えられる・安く買える”というお話です。中でも、あなたがあまりご存じない建物の保険についてです。

●さまざまな不要なリスクを排除して計算!

多くのお施主様は、住宅の建物に関しては、あちこちの会社を見て回って、値段を比べてみたり、仕様を比べてみたりして、じーーっくり決めるのに、火災保険に関してはあまり検討せず、保険会社に提案された内容を全く見直さないケースが多いように思います。

多くの場合、火災保険は

  • 火災、落雷、破裂、爆発

  • 風災、雹災、雪災

  • 水災

  • 盗難、水濡れ、物体の衝突、暴力、破壊行為等

  • 破損・汚損等

  • 災害時諸費用

のような項目に分かれています(※保険会社により異なります)。

そして、補償内容は次の三つに分かれます。

  • 補償範囲は標準的で保険料も標準的な「ベーシック」

  • 補償範囲が広いが保険料も高い「ワイド」

  • 補償範囲は狭いが保険料が抑えられた「エコノミー」

(保険会社によって呼び方は様々ですが。紛らわしい・・・)

ただ、あなたが建てようと思っている土地、建てたがっている地域で、本当に全ての項目の補償が保険会社の提案通りに必要なのか・・・?それを考えるだけで、あなたは保険にかける費用を抑えることができるんです。

例えば・・・、

「建てようとされてる土地は、高台なので水災については補償をつけなくてもいいかもしれません・・・」

「徳島は雪が多く振る地域ではないので、雪災の自己負担額を増やせば保険料を抑えられます・・・」

さまざまな不要なリスクを排除して計算すればよいのです(インターネット上の保険シュミレーションなどを活用できます)。

●あなたに必要な家財保険?

131701これも多くのお客様が知らないことです。

火災保険・地震保険は、補償対象が「建物」と「家財」に分かれています!そして、多くのお客様は、≪標準的な世帯における家財価格≫などをもとに家財保険の価格を考えます。

ただ、家財の価格は家庭によって様々ですし、家具などにしても価格はピンキリなのが現実です。さらに、戸建に引っ越すために、これから家財を買い集めようとしている家庭だって多いです。「子供が生まれたから、家づくりを検討し始めた」なんて家庭は特に多いんじゃないでしょうか。

だから、あなたは、通常、このように家財の価格を考えていきますが、今は大手家具屋や通販でも安く家具は購入できます。もちろん消耗品なので、いつかは買い替えも考えなきゃですし、買おうと思っている、または持っている家財の価格が、ここに載っているほどかからないのであれば、家財保険の価格も抑えることができます

●何気に知られてない地震保険!

0213589654785友人のファイナンシャルプランナーは、私にこう言いました。

「お客さんから『地震保険が安い会社を教えて欲しい』って相談されるんだよね~」

住宅業界の私たちからすると「エッ!?」と思うことですが、ほとんどのお客様は、地震保険は保険会社による違いが無いということを知りません。

地震保険は単独では加入できず、必ず火災保険とセットで契約する仕組みです。すでに火災保険のみに加入している人は、後から地震保険を付帯することはできます。

地震保険の保険金額は火災保険の保険金額の30~50%の割合で設定されています。ただし保険金額には限度額があり、建物は5000万円、家財は1000万円までです。契約期間は火災保険に合わせることができて、最長5年までの保険料を一括で支払う場合、1年契約に比べて保険料は割安になります。

すなわち、地震保険はどこの保険会社で加入しても、商品性、保険料とも同じだというわけです。
その理由は、地震保険が、国の法律に基づいて政府と損保会社が共同で運営している公共性の高い保険だからです。

保険料は、上の表のように所在地と建物によって異なります。

今後30年以内に、東南海大地震がかなりの確率で発生すると言われていますので、徳島県と高知県は一番安い地域の2倍強、東京や神奈川、静岡に至っては3倍強になっています。

こちらも家財保険が1000万円が最高ですから、こちらを考えて減額することは可能です。

●損害保険会社はあきらめを狙っている!

いかがでしたでしょうか?

“1円でも安く家を建てる”ためには、火災保険の保証内容をじっくり検討し、不要だと思う保証は削除し、自ら所有する家財を見渡して家財保険の保証金額も検討することが重要です。

あの保険会社のパンフレットの細かい内容は、「もうどうでもいいや、多めに入っておけば大丈夫だろう」を狙っています。賢い選択をして下さい。

また、万一、ご不明な点がございましたら、お気軽に”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV”のスタッフにご相談ください。

では、また・・・。

 

 

【PR】

徳島市内にZERO-CUBEのモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

kengaku

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ

> 徳島県で土地を地図から探したい方はコチラ