住宅ローンと離婚!

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV”です。

以前、”夫婦住宅ローンのメリットと注意点”について解説しました(まだ、お読みになられていない方はコチラ)。

マイホームを購入した時は仲が良かったので夫婦住宅ローン”にしたのですが、最近、離婚も増えています。「金の切れ目が縁の切れ目(故事ことわざ辞典)」と言いますが、さまざまな問題があるので「夫婦住宅ローン」を採用される方は注意してください(離婚しないのが一番です)。

●離婚の現場から・・・!

離婚の原因は夫婦様々ですが、かなり多いのが夫の浮気が原因が多いようです。そのような場合、慰謝料代わりに住宅ローンは夫が返済し、子供の養育費は別に払う条件で、夫が家を出て行きます。

しかし、、今までと同じ収入のなかで養育費を払い、また住宅ローンの支払いもまかなうことは非常に困難です。そのため急な返済の困難に見舞われることで、その家に住んでいた元妻に督促状等が届くケースは少なくありません。

ホントウは、離婚に合わせて家を売却するのがあとあとまで問題を長引かせない方法になります。

●離婚に伴う売却!

318321有価証券や預貯金であれば、夫婦で決めた通りに分配すれば済む話ですが、不動産だけはそう簡単にはいきません。不動産の唯一の欠点は、換金性が悪いことです。

・不動産を所有している夫婦が離婚する際の問題点

一般的に不動産などは、世帯主であり、住宅ローンの債務者でもあるご主人名義にしているケースがほとんどです。しかし、最近では、妻の収入と合算して住宅ローンを組む夫婦が増えているので、夫婦共同名義としている場合も少なくありません(夫婦住宅ローン)。このような場合 、離婚によってマイホームは妻に譲ると決まっても、妻の名義に変更することは容易ではありません。

住宅ローンが残っている場合の名義変更には、融資を受けている金融機関の許可が必要になります。しかし、金融機関は離婚したことによる名義変更には応じてくれないケースがほとんどです。現金で一括精算すれば名義変更も可能ですが、数千万円もの多額の現金はなかなかおいそれと捻出することはできません。

上記のような理由から、マイホームには妻や子供が住むことになり、住宅ローンの支払いだけを離婚した元夫が支払い続けるという方法を取っている夫婦がほとんどです。このようなケースは、近いうちにトラブルとなる可能性が極めて高いのです。

離婚した元夫にしてみれば、住宅ローンの支払いの他にも子供の養育費等を支払う必要もあります。さらに自分自身の生活もあるのですから、よほどの収入がないとやっていけるはずがありません。次第に生活が困窮して、やがては住宅ローンの滞納などが始まるのは容易に想像できます。

そうなると、やがては滞納による強制差し押さえを受けることになり、元夫名義の住宅も処分の対象になってしまいます。

上記のように離婚後のトラブルを考えて、離婚時に売却して財産分与するのが最善策です。

しかし、住宅ローンが残っている不動産には、金融機関の抵当権がついていますので、金融機関の許可なしでは勝手に売却することは不可能です。そうなると、銀行に相談して任意売却という選択肢を選ぶしか方法がないのですが、それも容易には認めてもらえません。

また 、大変な苦労をして手に入れたマイホームです。また、ちいさいお子様が居る場合は天候もなかなかできません。そのような理由で、どうしても手放したくないと思っている方も多いのが現実です。

●最大の問題は夫婦住宅ローンの場合

「慰謝料代わりに妻が住み続けることになった」とか、「マイホームは主人が住むことになり、住宅ローンの返済も主人が行っていくことになった」というケースがよくあります。確かにこれで、とりあえず解決したかに思えますが、問題は住宅ローンの名義や連帯保証人(以前とりあげた夫婦住宅ローン。くわしくはコチラ)。さらに、登記の問題などが未解決なのです(ただし、住宅ローンも100%夫名義であり、連帯保証人も保証会社を利用しており、登記も100%夫名義というのであれば問題ありません)

しかし、奥様の収入を合算していたり、連帯保証人となっていたり、持分登記にしていたりするのであれば問題です。離婚後、しばらく経ってから金融機関から督促状が届いたり、裁判所から競売の通知が届いたりする可能性があります。

・離婚しても債務からは逃れられない

いくら離婚したからといって、婚姻時の債務まで消えてしまう訳ではありません。上記のように離婚後、督促状や競売通知書などが届くということは、あなた自身が連帯保証人になっていたり、不動産の持分を持っているからだと考えられます。

今現在、あなた自身がその物件に住んでいないのであれば、このまま滞納して競売にかけられても、あなたの住まいがなくなる訳ではありませんので、問題ではないでしょう。しかし、あなたの信用は低下します。つまり、場合によってはブラックリストに登録され、今後の生活に大きな問題となる可能性があるのです。

このような状態を回避するには、まず元旦那さんと早急に連絡を取って、今後の支払いの見通しがあるのかを常に確認する必要があります。

以上、「住宅ローンと離婚!」についてのリスクを解説しました。以前、「夫婦住宅ローン」についてのメリットと注意点を解説しましたが、借入額も増やせるうえ、返済金額も調整ができる反面、夫婦住宅ローンの最大のデメリットがこのページに書いてある内容です。

「愛よ、永遠に」vs「金の切れ目が縁の切れ目」の戦いであることを考えて、少しでも分かれる可能性があるのであれば「夫婦住宅ローン」はやめておいた方が良いでしょう。しかし、「絶対にどんなことがあっても、死が二人を分かつまで絶対に離婚しない」のであれば、「夫婦住宅ローン」は女性の社会進出も含めて最高の選択肢です。

では、また・・・。

 

 

【PR】

徳島市内にZERO-CUBEのモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

kengaku

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ

> 徳島県で土地を地図から探したい方はコチラ