"住まいと猫の関係"

こんにちは。私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV事務局です。

今、徳島市で”猫ハウス”を建てているので、猫の話から・・・。2月22日は、にやんにゃんにゃんの日でした。いわゆる【猫の日】です。1987年に制定されました。もちろん根拠があるわけではなく、単純に2・2・2の語呂合わせです。ちなみに9月29日は招き猫の日です。

今回は、

“住まいと猫の関係”

をご紹介します。

日本ペットフード協会の「全国犬猫飼育実態調査」によると、「猫」の飼育頭数は年々増加傾向にあるといいます。この調査の中では、犬に比べて2匹以上猫を飼っている人が多いようです。

実際どうなのだろうか?ということで、今回は、HOME’S PRESSが調べた自宅で「猫」を飼っている420人を対象に、住まいとネコの関係(飼育環境)ついて調査結果を参考に、愛猫家のネコとの暮らし方について紹介致します。

7ad373f5d146a0d0f2ebb80ec061324b_s◆住まいの種別によってネコの飼育数が異なる傾向あり

回答者全体では猫を飼っている頭数が「1匹」と回答した人が7割弱を占めました。住まいのタイプ別にみると、特に「1匹」が多いのは賃貸アパート・マンションの居住者です。持ち家一戸建てでは「2匹」が20.5%、「3匹以上」が17.3%と、4割近くが複数の猫を飼っていることが分かりました。家を購入したり、一戸建てに引越したら、1匹では物足りないと思う人が増えるのかもしれないですね。

◆ネコを飼うきっかけは…

ネコを飼うきっかけとしては「拾った」人が36.2%と最も多いです。続いて「友人・知人から」(23.6%)、「ペットショップから」(21.4%)となりました。

身近なところから、家族になったケースが多いようです。その他の意見としては、「勝手に来た」「迷い込んで来た」というネコの方からのアプローチでペットとなったという声もありました。

◆家を不在にしている時、ペットのネコはどうする?

ペットを飼っていて心配なのは「留守番の時」ではないかと思います。ネコを飼っている人が出かけているとき、一体ネコはどのように過ごしていることが多いのでしょうか。

今回のネコの過ごし方についての調査結果では

  1. 家にいる時
  2. その日のうちに帰ってくるお留守番の時
  3. 旅行など宿泊する場合のお留守番の時

b64956333bd0c43f390f3561ed16fbc9_sいずれの場合も最も多かったのが「家の中で放し飼いをしている」ことです。この結果から、飼い主が家にいる時は70%以上が放し飼いにしており。ネコの自由度が高いことが分かります。その日中に帰ってくる場合も放し飼いが70%ちかくあり、、飼い主が家にいるときとさほど回答は変わりませんでした。1泊以上する場合には実に20%弱の人が「ペットホテルや友人・知人等に預けている」を選んでいます。ただし、そのまま放し飼いも45%あり、他の2つと比較してさほど変わらないのも特徴的です。

さらに住まいのタイプ別に見てみますと、旅行など1泊以上宿泊する場合の留守番中のネコの過ごし方は、賃貸アパート・マンションに住んでいる人の34.7%が「ペットホテルや友人・知人等に預けている」を選んびました。住まいの広さや立地にもよりますが、一戸建てとアパート・マンションではペットの飼い方が異なるのが特徴的だということが今回わかりました。猫は飼っている人からみると当然、家族同然の存在ですので、より良い環境で育てたいということでしょうか・・・?。

以上、すまいと猫 (=^. .^=)ミャーについてでした。それではまた・・・?