マイホームを購入する時、頭金を奥さんが出したらどうなる?

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV”事務局です。

マイホームを購入する時、頭金として、奥さんが独身時代から貯めていた貯金から出した場合、旦那さんは返す必要があります。あくまでも購入したマイホームが旦那さんだけの名義で有ればの話ですが・・・?

「でも離婚の時、専業主婦であっても1/2するんだからおかしい・・・?」

旦那さんはきっとそう思われると思います。

たしかに、夫婦が離婚する際の財産分与は1/2ですが、「婚姻前の妻の財産」は別に考えます。

仮に、現在、夫婦の合計財産が1000万円あったとします。妻が婚姻前に200万円の財産を持っていた場合、1000万円から200万円を引いた800万円が財産分与の対象額になります。その結果、夫400万円と妻600万円となります。

ですから、マイホームを購入する時、頭金を奥さんが出したにもかかわらず、マイホームを旦那さんだけの名義にした場合、税務署は「贈与」と判断し、贈与税を課税されることになります。奥さんが出した場合は権利があることになりますので、出した分の割合で登記するのが良いでしょう。

実際によくあるのが、資産家の奥さんの直系尊属から贈与税の非課税枠いっぱいを使って住宅取得資金として贈与を受け、旦那さんだけの名義にした場合、非課税枠は使えません(後でえらいことになります)。

また、「住宅ローン減税」を受ける場合も悩ましいです。住宅ローン減税は、12月31日の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税と住民税の控除額から返してくれるありがたい制度です。しかし、所得が低い場合、住宅ローン残高の1%よりも所得税と住民税が低い場合も有りえます。ですから、その恩恵が受けられない人のために、所得に応じて「すまい給付金」で一時金として30万円~0円補填してくれます。

旦那さんが正社員で、奥さんがパートの場合、旦那さんの扶養家族でいるには奥さんの年間収入が103万円以下である必要がありますので、奥さんが婚姻前に多額の現金を持っていた場合、旦那さんは住宅ローンの借入額が少なくなり、減税の恩恵をうけられないことも考えられます。

やはり購入前に、念には念を入れて各種制度を精査し、住宅ローンと税金も含めてシュミレーションするのが良いでしょう。

誰も離婚を前提にマイホームを購入する人はいないと思いますが、あとで思わぬ贈与税が課せられたりしないように注意が必要です。

 

それにしても税務署さん、夫婦間のおカネの貸し借りなんてどうしらべるのでしょうか?おそらく通帳でしょう。(年間110万円は非課税。結婚している限り返済しなくてよい)

では、また・・・。