マイホームの標準仕様・・・?

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV”事務局です。

あなたは、マイホームを建てる上で、いくつかのモデルハウスを回っていることでしょう。そこで、その各々の担当者から「マイホームの標準仕様」についていろいろと聞かれていることでしょう。それぞれ持ち味や強みが違うということはわかりますが、専門用語が多いのでチンプンカンプンなのではないでしょうか?

そして、最後には何が良くて何が悪いのかすらわからなくなっていることでしょう。そこで今回は、それらをひも解くとともに、ベストな考え方についてアドバイスしたいと思います。

●外張り断熱と内張り断熱

まず最初は、外張り断熱と内張り断熱です。
予算があるのであれば外断熱が良いでしょう。その理由は、在来工法の内張り断熱の場合、柱と間柱の間に断熱材を入れるため、どうしても柱部分から室内の熱が逃げやすくなりがちです。一方、ツーバイフォー工法は断熱性に優れていますので、あまり差はありません。

●自動換気システム

「自動換気システム」とは、窓を開けなくても換気装置を使用して強制的に室内の空気の入れ替えができるシステムです。建築基準法により設置が義務づけられているため、2003年以降に建てられる日本の新築の住宅には必ず設置されます。住宅用に使用される換気システムは、第一種換気方式と第三種換気方式が一般的です。

(第一種換気方式)
給気・排気とも機械換気で強制的に行う換気方法です。機械換気の中で最も確実な給気・排気が可能です。空気の流れを制御しやすく戸建・集合住宅ともに適しています。各居室に給気機を設置します。圧力損失と送風機能力の適応性の確認は給気および排気の両方について行うことが基本です。また、給気及び排気いずれかの風量の合計が必要換気回数以上であることが必要で、他方の風量の合計も同程度として給気量と排気量のバランスを取る必要があります。

(第三種換気方式)
排気は機械換気で強制的に行います。給気は給気口などから自然に行う換気方式で、排気が機械換気のため、湿気が壁内に侵入しにくいという利点があります。高気密住宅であるツーバイフォー工法では、低コストで計画換気が可能です。

当然、常時自動換気にしておくと冷暖房の効果が出にくいことも考えられますので、電気使用料金も考えて比較検討するのが良いでしょう。

●防音性能

交通量の多い土地などでは、騒音が気になります。リビングでくつろいでいる時に自動車の走行音が聞こえてしまうのはあまり勧められたものではありません。しかし、その一方で建物全体を防音仕様にすると金額が跳ね上がります。ですから、こちらも金額と相談するべきでしょう。その点、在来工法よりも遮音性の優れたツーバイフォー工法を採用すれば、無駄な防音費用などかけなくても静かさは確保できるでしょう

●サッシとガラス

当然、ペアガラス以上が良いでしょう。普通の建物では15万円~20万円高くなりますがペアガラスの上位のLo-eガラスもおススメです。さらに予算が許すのであればトリプルガラスという手もあります。
サッシ枠は、予算が許すのであれば結露のない「木製サッシ」。ただし、予算がこちらも高くなりますので。「樹脂入りアルミサッシ」で十分だと思います。

一番重要なのは、あなたとあなたのご家族のすまいに対するニーズです。

たとえば飛行場の近くでない限り、特殊な防音工事など施さなくてもツーバイフォー工法にすれば大丈夫です。やはり、あなたが「何を重視する」のかにフォーカスされた方が無難だと思います。

自動車のたとえ話ですが、年間2000kmしか走らない人にハイブリット車は無駄です。普通車との年間の燃料代の差額が5000円くらいなのに、普通車よりも数十万円高いお金を払うのは無駄です。また、二人しか乗らないのに後部座席が広くて乗り心地が良い車は必要ありません。ニーズとはそのように考えればわかりやすいです。

まずはニーズを明確にして家の基本骨格を勧めてください!!

あとは、あなたの価値観です。性能だけで家を建てるのはつまらないと思います。デザインやライフスタイルへの憧れやこだわり、遊び心などが特に重要だと思います。あなたの「ここだけは譲れない」というポイントを検討された方が、将来的な満足度の向上につながると思いますよ。

では、また・・・。