人生を左右する不動産!!

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV”の木内淑規(きのうちとしのり)です。

私たちの暮らしにとって、不動産は切っても切り離すことのできないとても重要なものです。

どこで、どんな家に暮らすのか。 家にいくら支払うのか。 住まい選びは、私たちの人生を大きく左右するとても大切な間題です。

●住まい選びが人生を左右する!!

2fd5fc65e03baf4224fe0648420ba1f1_s大学に進学する時、学校を卒業して社会人となる時、多くの人が親元を離れて一人暮らしを始めることでしょう。 転勤が決まった時、結婚を決めた時も、住まいを探す大きなきっかけとなります。

こうして考えてみると、私たちの人生にとって、不動産は重要なかかわりをもっています。

まさに、「衣・食・住」。

着るもの、食べるものと同じくらい、「住む」ことは、生きていく上でも私たちの人生にとっても、決しておろそかにできません。

また、「住む」ことをおカネの面から考えても、「賃貸住宅」「マイホーム」のどらを選択しても、一生ではとても大きな金額を使うことになります。

しかし、そのような重要なことにもかかわらず、学校や職場で不動産について習うことはほとんどありません。そのため、誰もがあまり知識を持たない状態で、 アパートを借りたり、 マイホームを買ったりしているのが現実です。

不動産選びは、金額が大きなものだけに慎重に行わなければなりません。

賃貸アパートの場合にしても、礼金や敷金、引っ越し代などの諸費用を考えると、引越ししたくてもなかなかできません。

ましてや長期にわたる住宅ローンを組んでやっと手に入れるマイホームとなれば、なおさら後悔はしたくないと思います。

ワンルームか、ファミリータイプかといった空間の広さ・・・。

マンションか、一戸建てかといった家の形・・・。

信りる方が得か、買う方が得か・・・。

一口に不動産といってもさまざまな選択肢があります。

どんな住まいを選ぶかは、”どんなふうに生きたいのか”につながります。不動産の知識を身につけて、自分らしいライフスタイルを実現する住まいを見つけましょう。

●不動産の知識を身につけよう!!

image

賃貸住宅に住み始めると、毎月家賃を支払うことになります。

生活の基本となる住まいですが、住まいだけあっても暮らしていくことはできません。

食費や衣料費、レジャー費、将来のための貯蓄や自己投資に使うお金のことも考えるなら、 家賃は月収の30%以内を一つの目安として選びましょう

もし、あなたが、毎月の家賃が8 万円のアパートに住んだとします。

この場合、1か月の家賃は8 万円ですが、ずっと住み続けた場合、1年間では約100万円、10年間では1000万円、30年間では3,000万円にもなります。仮に20歳から80歳まで60年住んだとすると、 約6,000万円が家賃の支払いに消えることとなります。

こうしたことに気づいたとき、多くの人が 「こんなに家賃を払い続けて何も手元に残らないのであれば、 賃貸よりもマイホームを買った方がいいのでは・・・?」 と考え始めることになります。

マイホームを買おうと思ったときには、 モデルルームを見学するのが一般的です。人によっては、 ほんの数回モデルルームを見ただけで、 よくわからないままマイホームを買ってしまいます。

ところが、不動産の知識を持たないままマイホームを買うと、本来の価値が低いものに高額を出したり、価値の下落が激しいものを買ったり、将来転勤になったときに売りにくい物件や、貸し手がっかない物件だったりと、取り返しのつかない失敗をしてしまうことが少なくありません。

マイホームは数千万円という高額な買い物。 あとから、「こんなはずじゃあなかった(泣)」と思っても、やり直しはなかなかききません。

人生最大の買い物といわれるマイホームだからこそ、「不動産の知識、」と「お金の知識」をしっかりと身につけて選んでいきましょう

もしくは、信頼できる誠実なパートナーに協力してもらいましょう。

お気軽に”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV”にご相談ください。