「今」建てる?「貯金してから」建てる?|徳島市、石井町、徳島県東部の不動産(土地、新築、戸建賃貸)の事なら創業57年のダイヒョウ株式会社

お電話でのお問合せ

088-674-1470

【営業時間】8:00~18:00 【定休日】年中無休

2019年07月09日

「今」建てる?「貯金してから」建てる?

比較で考える家づくりの「お金」と「タイミング」
「家はすぐにほしい!でも、もっと頭金を貯めてから・・・」と考える人は多いと思います。 
でも、「損」と「得」で考えていくと、意外な正解が見えてくるんです。

比べてみよう!5年後の「損」と「得」!

貯金の月額3万円/現在の家賃8万円/ローンの支払い8万円で比較

頭金を貯めずに建てた場合

頭金の貯金をせずにローンの支払いを開始するので借入金は減らず、総額も貯金した場合と比べて利息分で96万円ほど増えます。しかし、5年分の家賃=払っても財産にならないお金を支払わず、全て新しい家の資金に回すため、家賃分の損がなく、ローンの完済も早まります。また、貯金した場合と比べて、毎月の「使えないお金」も少なくて済むので、暮らしのゆとりも変わってきます。

5年間、頭金を貯めて建てた場合

5年間の貯金で頭金180万円分を借入金から減らすことができるので、金利2.5%で計算して利息を足すと支払額では約270万円に相当する「得」になります。ただ、一方で5年間の家賃は480万円にものぼります。この家賃は「財産」として残ることはないため、トータルで210万円分「損」をすることに。
また、5年間は3万円の貯金+8万円の家賃=11万円が「使えないお金」になるので、その分、生活へのの負担も重くなります。
ページの先頭へ